コラムcolumn

健康とは? ~腸について~

クラウド整体師養成スクール 健康コラム

「健康」とは、どういう状態だと思いますか?

病気にならない状態?

食事内容に気をつけている状態?

適切な量の運動をしている状態?

 

日本は、海外と比べても驚くほど「健康」への意識が高まっています。

テレビをつければ、

「これであなたの寿命が延びる?!奇跡の食材○○!!」

「若返り効果抜群!?!簡単健康エクササイズ!!」

など、健康関連の番組が増えており、放映後の影響は計り知れなくなっています。

 

しかし、これらの情報が100%正しいかというと、かなり疑問が残ります。

人体の研究は進められていますが、未だ全て解明されたわけではありません。

 

研究の結果、「この食材を食べると、こういう効果が出る人が多い」

というあいまいな結果を元に、番組が放映されていることもあります。

その為、健康についての正しい情報を選び抜く力が問われているのが、昨今の日本です。

 

このコラムの中では、既に研究として明確になっている事を中心にご紹介していればと思います。

 

さて、「健康な状態」について最初に質問してみましたが、今回は食べ物についてフォーカスをしていきたいと思います。

厚生労働省は成人の1日に取るべき栄養の基準を示しています。

その数値を元に、各企業では「1日分の野菜が取れる○○」というものを多く売り出すようになりました。

これは、野菜に含まれるビタミン量などを計算した上で出しています。

しかし、戦後70年で、野菜に含まれる栄養素の量は1/5~1/10に薄まっています(通常の土壌で生産した場合)。つまり、基準で示されている量の野菜を摂取しても、本当に十分な量の栄養が取れているかは定かではありません。

 

また、それを踏まえた上でサプリなどを多用する人も増えています。私個人の意見としては、栄養サプリは摂取するべきだと思います。

 

ただし、その摂取したサプリ、本当にあなたの体に吸収されていますか??

ここで注目したいのが、昨今の研究で「万病の原因はここではないか」といわれている臓器、

「腸」です。

腸に関しては、19世紀から、特にアメリカを中心に研究が進められており、2011年には、腸を専門的に研究する施設が、アメリカで設立されています。

皆さん、腸の人体での働きは、小学生のときに習ったのではないでしょうか?

簡単に言えば、栄養を吸収する臓器です。

 

なぜ、ここに注目しているかといえば、ポイントは2つあります。

 

まず、腸が弱っていると、栄養が吸収されない事!

例えば、これだけ飲めば、体に必要な栄養が全部とれるという10万円のサプリがあったとします。しかし、このサプリを摂取する人の腸が弱っている場合、もしかしたら、2万円分の栄養しか吸収が出来ず、8万円分がトイレに流れてしまう可能性もあるのです。

 

2つ目のポイントは、腸内細菌です。

昨今、この腸内細菌が人間の健康をつかさどっているといわれています。

人体の9割の細胞は、実は細菌の細胞です。「自分」の細胞は1割しかないといわれています。そして、その9割の細菌のほとんどが腸に住んでいるのです。

細胞のほとんどが細菌のため、この細菌の調子をよくしてあげると、自分の健康状態もよくなるというのが、研究でわかってきました。

 

それを象徴する実験があります。

DNA情報が同じねずみ、つまり双子のねずみA、Bがいます。そのAのねずみには、肥満の人の腸内細菌を入れます。逆にBのねずみにはスリムな人の腸内細菌をいれます。

そして、まったく同じ食事を与え続けたところ、AのねずみはBのねずみより太くなるという研究結果が明らかになりました。

 

つまり、飛躍させていえば、腸内環境を整えると病気がなおっちゃうよ!!って事です。

 

腸内には、善玉菌10%、悪玉菌20%、日和見菌70%の割合で細菌が住んでいます。

この70%の日和見菌は善玉にも悪玉にも変われる、オールマイティーな細菌です。

この日和見菌が、悪玉に傾くと、腸内環境がわるくなり、様々な疾患を引き起こします。

いかに日和見菌を善玉菌へ変化させるかが、健康への第一歩となるのです。

昨今の研究では、うつ病や様々なアレルギーも腸内環境が原因だといわれています。

 

腸内が健康かどうかを確かめるチェックポイントは下記15個です。

・毎日規則正しく排便がある

・食事は腹八部が基本だ

・便の色は茶色や黄色だ(黒や赤、緑などの色ではない)

・おならが臭すぎると指摘されることはない

・毎日規則正しく、決まった時間に食事をしている

・野菜は好きで良く食べるほうだ

・脂っこいものは意識して控えめにしている

・水分は一日1.5L程度飲んでいる

・お酒はあまり飲まないほうだ

・身体が温かく、冷えを感じることは少ない

・花粉症などのアレルギー症状はない、または軽度である

・ストレスを感じることは少なめだ

・定期的に運動をしている

・良質な睡眠が取れていると感じる

・腸に良いと言われる食品やサプリメントなどを日常的に摂取している

 

上記項目で、YESが4つ以下の人は要注意です!

 

様々な病気を治すために、また、予防する為にも、腸内環境の改善は必須項目となります。

次回は、腸内環境の改善方法を踏まえ、様々な栄養素について紹介していければと思います。

 

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

身体の柔軟性をあげるために

デトックスって?

               

関連アイテム

コンテンツcontents

カリキュラム
講師紹介
卒業生の声
アクセス
03-6273-8223
所在地
東京都新宿区早稲田町74 STビル201
開校時間
14:00〜17:00
夜間部
17:00〜22:00
休校日
無し
お電話でお問い合わせ 03-6273-8223 メールでお問い合わせ