コラムcolumn

大脳について

大脳は、表層には灰白質である、大脳皮質、深部には白質である、大脳髄質が存在しており、左右の大脳は、大脳鎌といわれる脳硬膜内葉により隔てられています。大脳髄質の中に灰白質である大脳基低核が点在しています。
大脳基低核には、尾状核、被殻と淡蒼球を合わせたレンズ核、偏桃体、前障などがあり、機能的な面から間脳の視床下部、中脳の黒質や赤核も、大脳基低核に含める場合もあります。
大脳髄質に存在する繊維のうち、左右の大脳を連絡しているものを交連繊維、同側の大脳を連絡しているものを、連合繊維、大脳と脳幹・脊髄を連絡しているものを、投射繊維といいます。
投射繊維が存在する視床をレンズ核の間は内包とよばれ、動脈出血が起こりやすい部位として知られています。

大脳皮質は新皮質と辺縁皮質に分けられています。辺縁皮質は原始的な本能の中枢であり、視床下部と連携して本能行動を生み出します。辺縁皮質は古皮質に分類される海馬傍回などがある。
大脳皮質は、前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉の4つに分けられています。

大脳皮質連合野で知能は生み出されており、特に前頭葉の連合野は広く存在し、統合作用や創造作用など、高度な知識に大きく作用しています。
大脳皮質連合野は運動に対する中枢で、前頭葉中心前回に運動野が存在しており、ここから筋への随意運動の伝達通路を錐体路といいます。
体制感覚野は頭頂葉中心後回に存在しており、視覚は後頭葉の視覚野で、聴覚は側頭葉の聴覚野で知覚する。

言語中枢は90%が左大脳半球にあり、前頭葉にはブローカー中枢、側頭葉にはウェルニッケ中枢が存在する。

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

小脳について

脳幹について

関連アイテム

コンテンツcontents

カリキュラム
講師紹介
卒業生の声
アクセス
03-6709-8932
所在地
東京都新宿区四谷2-13 津ノ国屋ビル4階
開校時間
11:00〜17:00
夜間部
19:00〜22:00
休校日
月曜日