コラムcolumn

小脳について

中枢神経系において神経細胞が存在しているところを灰白質といい、神経線維が存在しているところを白質といいます。小脳は表層には灰白質である小脳皮質、深部には白質である、小脳髄質が存在しており、小脳髄質の中にある、灰白質である小脳核が点在しています。小脳は脳幹の後方、大脳の後頭葉下方に存在し、大脳とは小脳テントといわれる脳硬膜内葉により隔てられています。

小脳の機能は運動の統率、平衡バランスを保つことなどがあり、運動の命令は大脳皮質の前頭葉中心前回の運動野で生み出されます。運動野からの伝導路には皮質核路と、体幹四肢の筋に情報を伝えている、皮質脊髄路とがあり、これらを統括して錐体路といいます。
大脳皮質からの随意運動の情報は、運動の協調や平衡バランスを保つ必要から橋核を介して小脳皮質のプルキンエ細胞にも伝えられます。

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

脳幹について

関連アイテム

コンテンツcontents

カリキュラム
講師紹介
卒業生の声
アクセス
03-6273-8223
所在地
東京都新宿区早稲田町74 STビル201
開校時間
11:00〜17:00
夜間部
19:00〜22:00
休校日
月曜日