コラムcolumn

私が鍼灸師になった理由

私が鍼灸師になった理由は。
当初から掲げている日本一の講師になる為に、学校というくくりで基準となる厚生労働省管轄の専門学校に入学し、そこで教える講師の指導を受けておく必要があると思ったからです。

あとはこれまでクラウド整体師養成スクールを受講してくれた生徒さん達へ、クラウドは常に向上している事に安心して欲しかったからです。

鍼が打ちたくて鍼灸専門学校に入学したわけじゃありません。

専門学校にはいると授業毎に違う先生が教えてくれます。
それぞれの先生に良いところと悪いところはありました。
何か勘違いをして偉そうにしている先生もいました。
学科の授業はそこまで参考にしませんでしたが、実技の授業での講師の教え方は良く見ていました。
専門学校が基準となるのであれば、専門学校で教える講師のレベルは恐ろしく低いと思いました。

実技を教えるという事に関しては、クラウド整体師養成スクールはかなりレベルが高いと確信しました。日本一の講師というのも、手が届くと確信しました。

とりあえず専門学校というところで教えている講師の実力を見たかっただけので、途中でやめても良かったのですが最後まで通うことにしました。

専門学校の先生は教科書に書いてある知識の暗記力だけはかなり高いかと思いますが。
その知識が現場で使えるものなのか、その知識の使い方など、そう言った面では頼りない存在でした。
鍼灸師にさせる為の先生でした。鍼灸国家資格を取るには結局のところ座学です。実技はあまり重要ではありませんでした。それが使えない鍼灸師が沢山いるという現実にもつながっています。

専門学校を卒業し、国家試験の合格率という数字で勝負している専門学校の先生は使える技術を教えるというところを重視していなかったので、そもそもそこを期待してした私が悪かったのです。

ですが、私が入った学校は、鍼灸師にさせるという面ではやはりプロでした。
徹底的な座学、知識を埋め込む為のテストのやり方などは素晴らしかったです。

私は完全に直感型です。
良い技術はすぐに閃きます。

ですが私の最大の弱点は答がすでに出ているものの暗記、つまり筆記テストです。

そんな私を国家試験に受からせる事が出来たので、専門学校の先生達の座学の教えは一流と言えるでしょう。

そんな弱点も専門学校にはいる事である程度は克服できたかと思います。

知識があるから読める本もあります。
これからはそんな本を自分なりに解釈し、良いところだけ抜粋し、わかりやすく教える事も出来るようになりました。

そして何より私が専門学校に入った事により本当に大切なものを学んだのは、同じ目標に向かっていく仲間の存在です。

私は3年の3学期のテストに落ちまくり、留年の一歩手前までのギリギリな状況に立たされました。
もうやめたかったです。
べつに鍼灸師になりたいわけじゃなかったので、さっさと諦めて辞めることもできました。

ですが毎日のように多くの仲間から応援メールが届き、それからは自分の為だけではなく、心配してくれている人のために、絶対に諦めてはいけないと思いました。

それからは毎朝4時30から勉強をしました。
国家試験まで、全ての時間を学業に当てました。
結果的には全学年でずっと下から10番目くらいでしたが、最後は上から20番目になりました。

卒業試験に受かった時はみんなに本当に喜んでもらえました。
そして国家試験も余裕で合格し、はれて鍼灸師になれました。

それは協力してくれたスタッフやクラウドに通う生徒さん達、専門学校の仲間がいたからです。
自分の力では無理でした。

仲間の大切さに気づけた事。

それより価値のあるものは他にないと、改めて思いました。

私はその経験を活かしさらに人間味のあふれた授業を行う事が出来る様になりました。

クラウドに関わってくれた方たちへの感謝を忘れず、クラウドしかできない事、伊藤にしかできないことをやっていきます。

今後ともクラウド整体師養成スクールをよろしくお願いいたします。

 

校長 伊藤

合わせて読みたい記事はこちらから

整体師とはスクールとは

着実と積み上げていく事

               

関連アイテム

コンテンツcontents

カリキュラム
講師紹介
卒業生の声
アクセス
03-6273-8223
所在地
東京都新宿区早稲田町74 STビル201
開校時間
10:00〜17:00
夜間部
17:00〜22:00
休校日
火曜日
お電話でお問い合わせ 03-6273-8223 メールでお問い合わせ