コラムcolumn

ふくらはぎの柔軟性について

クラウド整体師養成スクール健康コラム

 

ふくらはぎの柔軟性を上げる

皆さんの体は柔らかいでしょうか?

おそらく多くの人が、「私は体が硬い」とおっしゃるかと思います。

体の柔軟性の低下も、様々な体の痛みにつながります。

 

そこで、簡単にできる痛み予防のストレッチの方法を紹介していきたいと思います。

今回は特に、ふくらはぎの筋肉に着目していきます。

 

ふくらはぎの筋肉の重要性は、体にとって計り知れません。

ふくらはぎは、別名「第2の心臓」と呼ばれています。

重力のある環境下で生きる人間にとって、脚から心臓へ血液を戻すことはとても大変なことです。

それを助けてくれるのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎはポンプ作用として働き、血液を心臓へ戻すことを助けてくれます。

ふくらはぎの筋肉の柔軟性が落ち、硬くなっていくと、ポンプ作用がうまくできなくなります。

血液が脚に溜まることによって、血流が悪くなり、老廃物が脚に溜まりやすくなります。また、リンパも滞りやすくなるので、免疫力も落ちやすいですし、疲れやすい体にもなります。

脚の動きが悪くなりますが、私達は普通に歩かなければなりません。そこで、腰周りの筋肉やお尻の筋肉などを無理やり使って歩くことによって、腰にも負担がかかっていくのです。

 

ただ、なぜふくらはぎの筋肉が硬くなるのでしょうか?

他にも全身にはたくさんの筋肉があるのに、なぜふくらはぎだけ??

ある人は「デスクワークなどによって、ふくらはぎを使わないから硬くなる」とも言いますが、基本、筋肉は使ったほうが硬くなります。

つまり、ふくらはぎの筋肉は「絶えず使われているから」硬くなるのです。

いつ使っているかというと、立位の体勢時と歩いているときです。

 

人間は2足歩行ができる生き物です。ただ、2本の脚で立つというのは、とてもバランスをとる事が難しいのです。

最近は多く見るようになりましたが、2足歩行のロボット開発に、どれだけの時間がかかったことか・・・。

 

そんな2足歩行をしている人間にとって、後ろに倒れるのは、とても危険な行為です。その為、人間の体の重心は常に前になるようにできています。つまりはずっと前傾の状態ですね。その前傾の体を支えている筋肉が、ふくらはぎになるのです。体のバランスが片足にかかる歩行時などは、顕著にふくらはぎの筋肉の運動量が多くなります。事実、筋電図を体につけて歩かせたところ、ふくらはぎの活動量が一番であったという実験結果もあります。

ふくらはぎは、普段生活する中で、多く負担のかかる筋肉の1つということです。

 

そこで、ふくらはぎを毎日伸ばすことが、腰痛や、体のだるさ改善につながります。

お勧めのストレッチはこれです。

少しの段差などがあれば簡単にできるかと思います。

膝を伸ばして立った状態で片足ずつ3分間は伸ばしましょう。

傾斜台のようなものがあれば、両足いっぺんに行っても構いません。

 

 

これを、1日最低3回以上は行いましょう。

 

最大の注意ポイントは「痛くなるまで伸ばさない」ということです。

実は、これは全てのストレッチにおいて重要なポイントです。

筋肉を痛いところで伸ばし続けると、「筋肉が伸ばされすぎて危険」という信号が送られます。そこで、脳がその伸ばされている筋肉を縮めようと働くわけです。

つまり、筋肉を伸ばしたいのに、縮める方向にしか働かなくなる為、ストレッチの意味がなくなるわけです。

 

ふくらはぎをしっかり伸ばして、痛み知らずの体を手に入れましょう!

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

身体の柔軟性を上げる

記憶力と筋肉の関係

               

関連アイテム

コンテンツcontents

カリキュラム
講師紹介
卒業生の声
アクセス
03-6273-8223
所在地
東京都新宿区早稲田町74 STビル201
開校時間
14:00〜17:00
夜間部
17:00〜22:00
休校日
無し
お電話でお問い合わせ 03-6273-8223 メールでお問い合わせ